アロマテラピー −精油に含まれる注意が必要な成分−
2016.02.17 Wednesday 21:47



 【 注意が必要な成分 】

精油に含まれる成分には、医薬品の原料として使用される物も多くあります
そのため、100%天然の精油だからと言って必ずしも安全とは言えず
副作用を起こす恐れもあります、しっかりと理解した上で使用しましょう




■フェノール

ー 芳香成分 ー

チモール、カルバクロール、オイゲノール、サフロール

●皮膚や粘膜への刺激が強い
●長期にわたる使用は肝臓障害を引き起こすことが報告されています
●妊娠・乳幼児への使用は避ける
●短期間・少量で慎重に使用すること

※タイム、クローブ、オレガノなど


ー 薬 効 ー

殺菌、免疫力の向上




■アルデヒド

ー 芳香成分 ー

シトロネ、ネロール

●皮膚への刺激が強い
●薄い濃度で使用すること

※レモングラスはアルデヒドの含有量が多く、強い抗真菌作用をもつ
その他、メリッサなど


ー 薬 効 ー

抗消炎、抗感染、抗真菌




■ケトン

ー 芳香成分 ー

カンファー、ベルベノン、ツヨン

●神経への毒性を有する
●しびれ、知覚異常、神経麻痺、てんかん発作、流産を誘発する恐れあり
●長期にわたって連用しないこと
●使用量、使用期間などにじゅうぶん注意すること



カンファー = 中核神経系に障害を及ぼす可能性あり
●嘔吐、頭痛、ケイレンなどを誘発することがある
●妊娠、乳幼児、高齢者への使用は避ける

※ローズマリー、ユーカリなど、副作用を気にするほどの含有量は多くない


ー 薬 効 ー

去痰、免疫活性、脂肪分解、鎮痛、細胞活性




■ラクトン

ー 芳香成分 ー

クマリン、ベルカプテン

●神経毒性あり
●皮膚への刺激性あり
●塗布したままで日光に当たると日光刺激を誘発し
皮膚に消炎を引き起こしたり、シミの原因となります
●皮膚に塗ってから4〜5時間は、日光に当たったり外に出ない

※ベルガモットなど柑橘系の精油





 【 その他、有効となる精油に含まれる芳香成分 】



■モノテルペン炭化水素類

ー 芳香分子 ー

リモネン、テルピネン、ピネン、p-シメン
※主な精油として、柑橘系の精油


ー 薬 効 ー

殺菌、抗真菌、抗ウイルス、鎮痛、抗炎症、うっ血除去




■セスキテルペン炭化水素類

ー 芳香分子 ー

カマズレン = 消炎作用、抗アレルギー作用
※ジャーマンカモミールなど

カリオフィレン、ビサボレン、アズレン


ー 薬 効 ー

殺菌、消炎、抗アレルギー、、抗ウイルス




■モノテルペン・アルコール

ー 芳香分子 ー

α-テルピネンオール、テルピネン4-オール
メントール、ネロール、リナロール、ゲラニオール


ー 薬 効 ー

抗菌作用、抗感染作用、抗ウイルス、抗真菌




■セスキテルペン・アルコール

ー 芳香分子 ー

α-ビサボロール = 消炎作用
※ジャーマンカモミールなど

サンタロール、ネロリドール、ファーネゾール


ー 薬 効 ー

抗菌、抗炎症、抗アレルギー、ホルモン調整




■エステル類

ー 芳香分子 ー

酢酸リナリル = ラベンダーなど

サリチル酸メチル


ー 薬 効 ー

鎮静、抗ケイレン、消炎
※人体の中枢神経系の働きを抑制するように作用




■オキサイド

ー 芳香成分 ー

1.8-シネオール = 気管支粘膜へ作用(痰を一掃する働き)、呼吸器系の感染への効果
※ユーカリグロブルス、ユーかリラジアタなど


ー 薬 効 ー

去痰、殺菌



 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ 
       にほんブログ村







<img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

JUGEMテーマ:代替医療全般
| MIFSA : 仁詞 | 精油の使用注意 | comments(0) | - | pookmark |
←back 2/2 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加数
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM