アロマテラピー −精油の光毒性についての注意点−
2016.02.10 Wednesday 21:22






 
柑橘系の果実と果皮を分けて圧搾し
芳香成分を抽出する方法を圧搾法と呼びます。
圧搾法で抽出したものは、正確には 「 精油 」 ではなく
「 エッセンス 」 と呼ばれます。


柑橘系は 「 光毒性 」 を誘発します。

フクロマリン類のベルガプテン、ベルガモチンなどを含む精油成分を
トリートメントで皮膚に塗布してからすぐに日光に当たると
精油成分が紫外線と反応して、炎症や発赤、しみの症状を起こす事があります
※塗布 ( トリートメント ) 後、5〜6時間は日光は避けましょう。

フクロマリン類を除いた精油もありますが
脱フクロマリン処理を施した精油は100%完全な成分ではないという
考え方もあり使用しないセラピストも居ます。


 ー 光毒性がある精油 ー

オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、マンダリン、ゆず

※ 柑橘系以外で光毒性を持つもの
  アンジェリカ




 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ 
       にほんブログ村






<img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

JUGEMテーマ:代替医療全般
| MIFSA : 仁詞 | 精油の使用注意 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加数
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM