三元派(フライングスター)と三合派の違い【坐向の取り方と水法の種類】
2016.10.26 Wednesday 22:01

JUGEMテーマ:風水

 

 

 

三合派と三元派(フライングスター)では巒頭と理気の見方の違いに

 

「三合派=巒頭から理気を見る」か「三元派=理気から巒頭を見る」かの

 

違いがあります。

 

 

 

三元派や三合派の「派」は派閥ではなく「〇〇流派」の違いであり

 

流派の違いは理気の違いであり理気はそれぞれの流派の気の哲学と言えます。

 

 

 

三合派の鑑定は龍・水から良い土地・場所を選地(尋龍点穴・じんりゅうてんけつ)し

 

坐向を取り、坐と砂や座向と来水・去水の吉凶を見て

 

改善したり施工していく流れとなります。

 

 

しかし、玄空飛星派(フライングスター)の場合は龍・穴・水までの流れは同じですが

 

建築予定、もしくは既に建っている建物の築年数と座向から飛星チャートを作り

 

さらに山星・水星の理気から巒頭の影響を考慮し

 

そこから建物を施工したり選定をすることになります。

 

 


・龍・・・・・山、川、丘、地形、道路の吉凶

       (高い建物などは砂としてみる)
・穴・・・・・陽宅では鑑定する建物の地を穴とします
・砂・・・・・座と周辺の建物を五行の相生相剋にて鑑定します
・水・・・・・河川や道路など水の流れる方向(高低)が我を主体として
       どの方向から流れて(来水)どの方向へ流れていく(去水)か
・向(坐)・・・立向・坐山(建物の向きとその反対(後ろを坐))


 

※龍、穴、砂、水は巒頭であり向は理気

 

 

三合派の坐向の取り方は玄関の向きと180°反対の方角を坐とするのが基本ですが

玄空飛星派の場合は坐向を取るのが複雑となります

 

 

 −主な玄空飛星派による坐向の取り方−

 

・採光の面積による取り方

 

・建物の正面を坐向として取る

 

・何処を正面とするのかは設計士の意向(考え)を理解する

 

※現代建築が複雑化していますので実際にはもっと判断に迷う場合があります。

 

 

 

 

  【 三合派の水法 】

 

 生旺墓水法(三合水法・四大局水法)、些子水法、黄泉水法、九星水法(輔星卦水法)

 

 

 

  【 三元派の水法 】

 

 龍門八局水法(乾坤國賓水法(黄泉八殺))、挨星水法、三元水法(玄空大卦水法)

 

 

※玄空飛星による坐向を取り三合派による水法や砂法を取る場合は

 分けて坐向を取る必要があります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

 

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | 風水の流派 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加数
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM