アロマテラピー −禁忌についてー
2016.01.27 Wednesday 21:12



 【注意事項】


 仝怯佞鯆樟棔肌に使用しない

◆仝蹐辰督樟榿に付着した場合は、大量の水で洗い流す

 精油を内服、飲用してはならない

ぁ‥栖磴筺¬椶貌らないようにする

ァ_亠い肪躇佞靴道藩僂垢襪海
  (近年、精油が付着した衣等に火が添加し、火災が起きる事故が増えています)

Α〇劼匹發筌撻奪箸亮蠅瞭呂ない場所に保管すること

А々皺溝深召両貊蠅箒気(酸素)、紫外線などにより劣化が早まるので
  キャップをしっかり締め、冷暗所で保管すること



お年寄り、既往症のある方、敏感肌(体質)の方は
香りに反応しやすいことがあるので、不快を感じる場合は
アロマテラピーを避けたほうが良いでしょう


 − 妊婦さんが利用する場合 −

適切な量や使用方法を行えば、重大な事故を招くことは無いでしょう
しかし、妊娠時の敏感な体調を考慮したほうがよいようです
芳香浴以外を実施する場合は十分に注意してください


 ー 乳幼児のための注意 ー

3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外はお勧めできません
大人に比べ体重も少なく精油の影響を受けやすいので
3歳以上の子どもへのトリートメント法などでも
(おおよそ、小学4年生〜5年生位までは)
大人より少な目の量(半滴以下)で使用します

精油の希釈濃度は1%以下で使用します
(5mlで一滴が目処となります)
1%が、10mlで2滴、20mlで4滴、30mlで6滴
(0.5%、10mlで1滴、20mlで2滴、30mlで3滴)
※子どもや敏感肌の方は0.5%をお勧めいたします


 − 光毒性 −

日光など強い紫外線が当たると、皮膚に炎症を起こすことがあります
これは、ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど柑橘系に含まれる
成分によるものです、外出前や外出中に使用するときは十分に注意が必要です
(市販のベルガモットに「ベルガプテンフリー」と表示されている物があります
こちらは光毒性を引き起こす成分が入っていないタイプになります)


 − パッチテスト −

肌が弱い方や、不安がある方はパッチテストをお勧めします
これは、希釈濃度に添ったトリートメントオイルを
前腕部の内側に適量を塗り、24〜48時間放置し
肌にかゆみや炎症が起こらないかどうか確認する方法です
(必要に応じて、植物油単独でのパッチテストも行ってください)
もし異常があった場合は、その時点で大量の水で洗い流してください





 【アロマトリートメントでの禁忌事項】


 ゝ淦伝染病

◆ヾ癲肉腫などの悪性腫瘍

 昆虫毒、蛇毒などの急性毒

ぁ‥之譟脳出血直後などの出血性疾患

ァ〜禄部、骨折、脱臼直後などの外傷があるとき

Α/澗(柬貍鼻⊃娜蠅覆匹瞭眤ー栖

А“熱時や出血時

─ー蟒冂掌紂(術後3〜6ヶ月後までは様子を見たほうがよい)

 安静を必要とする場合

 疲労、衰弱が激しいとき

 予防接種後 (24時間以内)

 感染症にかかっている場合


禁忌事項には含まれませんが
空腹時、満腹時(食後)は避けたほうがよいでしょう
アルコールを摂取している場合は酔いが回りやすくなります
大量に発汗した後では精油の吸収が悪くなる場合があります

妊娠中も普段より注意が必要な時期であり
精油を構成する小さな分子は、胎盤を通過することができると言われています
アロマトリートメントを行う際は必ず医師の許可を得ましょう


 


 【精油の禁忌】


高血圧  ペパーミント、ユーカリ、ローズマリー


てんかん=ペパーミント、ユーカリ、ローズマリー
(脳疾患)


腎臓疾患=ジュニパー、ブラックペパー


高濃度の=イランイラン、サイプレス、ジャスミン、ジンジャー、メリッサ
  使用  ブラックペパー、ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ローズマリー


光毒性 = オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン


敏感肌 = サイプレス、ジュニパー、ジンジャー、タイム、ティーツリー


妊娠初期=原則として精油の使用は禁止


妊娠中期=クラリセージ、ジュニパー、ジャスミン、ペパーミント、メリッサ
から後期 ユーカリ、ラベンダー、レモングラス、ローズマリー


乳幼児 = ベチパー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー


飲酒時 = クラリセージ


※代表的な精油のみを記載



 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ 
       にほんブログ村






<img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

JUGEMテーマ:代替医療全般

| 風水鑑定士 : 仁詞 | 精油の使用注意 | comments(0) | - | pookmark |
アロマテラピー 肌に使う前に注意したいこと −パッチテストの方法−
2016.02.03 Wednesday 22:14


 
【 パッチテスト ( アレルギー性接触皮膚炎の検査法 ) の勧め 】

精油 ( アロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイル ) を
初めて使用される場合、事前にパッチテストをお勧めいたします

ヾ釈したオイルを、10円くらいの大きさで上腕部の内側へ塗り...
  二日間様子を見ます
  アレルギーの反応は20分〜30分以内で表れますが
  遅い場合は二日ほどかかります

皮膚に、赤み・かゆみ・腫れなど表れた場合は
  無香料石鹸でよく洗い流しましょう

アレルギーの原因を突き止める場合は、キャリアオイルのみを塗り
  異常が無い場合は、精油にアレルギーがあるといえます

ぅ▲譽襯ーが出た精油の中に含まれる成分は、
  他の精油にも含まれている場合があります
  使いたい精油を皮膚科に持参しアレルギー検査を行ってください

ダ彩にアレルギーがあった場合
  その精油は芳香浴にも使用しないようにします



 ※ 希釈されていない、原液の精油が直接肌についた場合は
   水道の流水で十分に洗い流しましょう。




 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ 
       にほんブログ村






<img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

JUGEMテーマ:代替医療全般
| 風水鑑定士 : 仁詞 | 精油の使用注意 | comments(0) | - | pookmark |
アロマテラピー −精油の光毒性についての注意点−
2016.02.10 Wednesday 21:22






 
柑橘系の果実と果皮を分けて圧搾し
芳香成分を抽出する方法を圧搾法と呼びます。
圧搾法で抽出したものは、正確には 「 精油 」 ではなく
「 エッセンス 」 と呼ばれます。


柑橘系は 「 光毒性 」 を誘発します。

フクロマリン類のベルガプテン、ベルガモチンなどを含む精油成分を
トリートメントで皮膚に塗布してからすぐに日光に当たると
精油成分が紫外線と反応して、炎症や発赤、しみの症状を起こす事があります
※塗布 ( トリートメント ) 後、5〜6時間は日光は避けましょう。

フクロマリン類を除いた精油もありますが
脱フクロマリン処理を施した精油は100%完全な成分ではないという
考え方もあり使用しないセラピストも居ます。


 ー 光毒性がある精油 ー

オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、マンダリン、ゆず

※ 柑橘系以外で光毒性を持つもの
  アンジェリカ




 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ 
       にほんブログ村






<img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 仕事運 健康 金運 アップ 鑑定">

JUGEMテーマ:代替医療全般
| 風水鑑定士 : 仁詞 | 精油の使用注意 | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/2 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加数
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM