六壬神課 【月将、寄宮・四課】
2017.06.10 Saturday 19:10

JUGEMテーマ:占い

 

 

 

 

 【月将(中気)】

 

  (詳細は毎年ごとの暦を参照)

 

  春分=戌・・・3月19日頃から4月19日ごろ

  穀雨=酉・・・4月20日頃から5月20日ごろ

  小満=申・・・5月21日頃から6月20日ごろ

  夏至=未・・・6月21日頃から7月22日ごろ

  大暑=午・・・7月23日頃から8月22日ごろ

  処暑=巳・・・8月23日頃から9月22日ごろ

  秋分=辰・・・9月23日頃から10月22日ごろ

  霜降=卯・・・10月23日頃から11月21日ごろ

  小雪=寅・・・11月22日頃から12月21日ごろ

  冬至=丑・・・12月22日頃から1月20日ごろ

  大寒=子・・・1月21日頃から2月18日ごろ

  雨水=亥・・・2月19日頃から3月19日ごろ

 

 ※占う中気が月将

  穀雨の「酉」なら、月将は「酉」となる

 

 

 

 

 

 

 

 

月将の酉を占う時間の地盤支の上に記入し

時計回りに十二支を配置していく(下記表を参照)

 

 

 

(天盤支=月将、地盤支=占時)

 

 

(上記の例は:2017年4月8日15時04分で作成、右が天盤で左下が地盤)

 

 

 

 

 【十二天将を割り振る

 

 

昼(陽貴人)に占うか、夜(夜貴人)に占うのか?

 

占う当日の日干から陽貴人か陰貴人を求める

(占う日が「乙」で15時〜17時に占う場合は「申」となる)

 

 

天干  甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸

 

陽貴人 未 申 酉 亥 丑 子 丑 寅 卯 巳

 

夜貴人 丑 子 亥 酉 未 申 未 午 巳 卯

 

 

・貴人が地盤の亥、子、丑、寅、卯、辰に重なると十二天将は時計回り

・貴人が地盤の巳、午、未、申、酉、戌に重なると十二天将は反時計回り

 

 

 

 <十二天将の順序>

 

貴人→蛇→朱雀→六合→陳→青龍→天空→白虎→太常→玄武→大陰→天

 

 

 

占う日の日干が乙で鑑定時間が日中ならば陽貴人、夜なら夜貴人を見る

 

(申となる天盤は地盤の酉の上となる=テキスト61P)

 

貴人が酉の為、逆飛(反時計回)して割り振る

 

 

 

日干の乙は辰に寄宮する

 

 

  【寄宮】

 

  甲ー寅

  乙ー辰

  丙ー巳

  丁ー未

  戊ー巳

  己ー未

  庚ー申

  辛ー戌

  壬ー亥

  癸ー丑

 

 

・地盤の辰宮の天盤を調べると午とわかる

・一課の上神は午で、地盤午の天盤は申であり、二課の上神は申となる

・三課の日支は丑で、地盤丑の天盤は卯であり、三課の上神は卯となる

・三課の上神は卯で、地盤子の天盤は巳であり、四課の上神は巳となる

 

 

  四 三 二 一

  課 課 課 課

 

  巳 卯 申 午 ← 上神、一課は干上神:自分

   ↙   ↙       三課は支上神:相手、場所、彼我の関係全ての占的意味合い

  卯 丑 午 乙 

     ↑   ↑

    日   日

    支   干

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 玄空飛星 仕事運 健康 大阪 滋賀 京都、兵庫 奈良 三重 和歌山 出張 鑑定">

 

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | 六壬神課 | comments(0) | - | pookmark |
五行の「相生相剋」、「剋出剋入」、「扶抑」
2017.06.01 Thursday 23:09

JUGEMテーマ:占い

 

 

 

 

 

 ー 支合 ー


●相生関係 ●相剋関係

寅(陽木) ー 亥(陰水) 子(陽水) ー 丑(陰土)
午(陽火) ー 未(陰土) 戌(陽土) ー 卯(陰木)
辰(陽土) ー 酉(陰金) 申(陽金) ー 巳(陰火)


※木剋土・火剋金は相手を損なわない
木が土を剋しても土は形は変わらない
火が金を剋しても金の姿形は変わるが、金は別の物には変わらない

※水剋火・金剋木の相剋関係は相手を損なう
水は火を完全に消してしまう
金は木を完全に断ち切ってしまう

陽の気には「仁」が息づき、これにより木と火は「生を好む」
水と金には陰の気が配当されており、陰の気は「殺気を好む」
故に支合には「水剋火」「金剋木」の組み合わせは無い





 ー 剋出剋入 ー

生出 = 他を生じることで我は弱められる
剋出 = 他を剋すことでエネルギーを使い我は弱められる
生入 = 他から生じられることで我は支えられる
剋入 = 他から刺激されることで(剋され)、我は立ち上がり活性化し強くなる
比肩 = 我を補強し強める





 ー 扶抑の関係 ー

扶 = 子(生じられた五行)は親(生じる五行)を養う、子と親
抑 = 親は子の頭を押さえつけ厳しく指導する

●扶の関係が働けば、善や福、蓄財や功徳・仁徳をもたらす
●抑の関係でも相手が干合・支合にあたる干支を持っているならば害とは言えない

※親は子の頭を抑え厳しく指導する存在で、子にとっては凶となる
ただし、親は子の将来を思って厳しく指導するのであり、必ずしも凶とは言えない

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 玄空飛星 仕事運 健康 金運 アップ 大阪 滋賀 京都、兵庫 奈良 三重 和歌山 鑑定">

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | - | comments(0) | - | pookmark |
梅雨や夏バテによる体力の低下の原因と対策
2017.05.25 Thursday 23:19

JUGEMテーマ:代替医療全般

 

 

 

 

今年の梅雨入りは遅くなりそうですね

 

 

梅雨独特の湿気の多い毎日が続くと体力の低下や
水分・冷たいものを取りすぎることにより脾による症状が出やすくなります

脾は湿気を嫌い燥を好むと言われております
そのため、湿気により胃腸に症状が出やすくなるほか
脾は五神の中で「意」を蔵し、思考・集中・学習・記憶と言った
精神活動を司り、脾陽・脾気が不足すると集中力が欠けて考えが纏りにくくなります



また、夏バテの主な原因も脾にあります

外気の熱と体内の熱のバランスが崩れると脾の機能が低下します

脾は食物の消化吸収や水分代謝を担当しているのですが
湿気と冷えに弱いという特徴があります
脾の機能が低下すると水分代謝はにぶくなり
倦怠感、だるさ、下痢などの症状を引き起こします


十分に代謝されなかった水分は、外気の熱を吸収し身体にためていきます
その状態で身体を冷やそうと冷たい物ばかり摂取していると夏バテとなります
 

先日、「冷房の28℃は不快」と言うニュースがありましたが

冷房の効きすぎた室内にずっと居たり、冷房のきいた室内と外の往復なども
夏バテの原因となりやすくなります

(ちなみな28℃は「エアコンの設定温度」ではなく「室内の温度」のことです)




精油では

ペパーミント・・・冷却作用や消化不良、下痢など消化器系の症状にも
パチュリ・・・・・漢方では藿香(かっこう)として用いられ湿を取り除く
         高温多湿時期の食欲不振や吐き気、頭痛、下痢、便秘など
サンダルウッド・・胃腸を温め水分代謝を改善する

などの精油が適している、トリートメントオイルもよいが
この時期の湿気を考えると、ベビーパウダー大さじ3杯に精油5滴ほどを目安に
作り置きしておくとよいと思います



また。食事には

苦味や酸味がある食材を選択し、余分な熱と水を発散させる
酢の物、豆腐、セロリ、緑豆、苦瓜、スイカ、キウイフルーツ、梨など



ハーブでは
ペパーミント、オレンジピール、フェンネル、ハイビスカス、ローズヒップ
レモンバーム、レモングラス、ラベンダーなど
 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 玄空飛星 仕事運 健康 金運 アップ 大阪 滋賀 京都、兵庫 奈良 三重 和歌山 鑑定">

 

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | - | comments(0) | - | pookmark |
中医学の視点から見た腎の働きと精油
2017.05.18 Thursday 22:44

JUGEMテーマ:代替医療全般

 

 

 

 

 

中医学では頭髪と関わがあると考える
「黄帝内経」では

「腎は休止状態にあり、封じ込められているものに命を吹き込む
腎は貯蔵をつかさどる臓であり、分泌機能が委ねられる場所である
腎は頭髪と関わり、また骨に影響を及ぼす」と説明します



皮膚は通常、簡単に物質を通過させません
しかし、精油成分は非常に小さな分子構造をしており
親油性なので容易に皮膚に浸透します
皮膚内に浸透し真皮にある末梢血管やリンパ管に入り体内を循環します

浸透した精油成分は皮膚内で保湿成分を補ったり
引き締めるなどの働きをします


高価な化粧品などを使用していても
真皮までに浸透せず表皮までしか保護できなければ
保湿やたるみ効果は期待できません
また、紫外線を浴びた皮膚は真皮や皮下組織からシミの原因となります

 

 

 





末梢血管やリンパ管から入った精油成分は
最終的に肝臓で分解され、ほとんどは腎臓で濾過され尿中へと排泄されます
そのほかにも汗・呼気・便の中にも排泄されますが
その途中、全身に巡る過程で各臓器や筋肉などに作用するのです


精油の中には、ホルモンの分泌を調整する作用を持つものもあります
この作用には2つのルートがあり、嗅覚刺激による視床下部・下垂体系の調節
もうひとつは、精油成分とホルモンの構造が似ていることによる作用です


ホルモンの作用は全身に広く作用し
骨からのカルシウムの溶け出しを抑えて骨を強くし
血中コレステロールの増加を防いで動脈硬化を抑制したり
皮膚や粘膜のコラーゲン生産を促進して皮膚の弾力や潤いを守るなど
その作用の多くは身体を守る大切な働きをしています

さまざまなホルモン分泌は、脳の奥深くにある下垂体という器官からの
命令によって支配されており、身体の機能調整を司っています
ホルモンの分泌はストレスや心の変化にとても影響されやすくなっています



腎は老化とも関係が深く
腎の機能が衰えると年齢に関わらず抜け毛や白髪が多くなり
シミやシワが増えたりします

腎のエネルギーが不足してくると
水分や老廃物の代謝が悪くなり、体温のコントロールがきかなくなり
手足がほてるなどの症状が出てきます
逆に、身体を温める機能が弱って冷えや下痢になることも多くなります

泌尿器系との関連が深く
勢力減退や不妊、更年期障害など
生殖器のトラブルやホルモン異常、利尿異常なども起こりやすくなります
 

 


 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 玄空飛星 仕事運 健康 金運 アップ 大阪 滋賀 京都、兵庫 奈良 三重 和歌山 鑑定">

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | - | comments(0) | - | pookmark |
ストレスによる身体の不調
2017.05.11 Thursday 22:35

JUGEMテーマ:代替医療全般

 

 

 

 

養命酒のアンケートによると
30代の80%近くの男女が体質の変化や体調の異変を感じているといいます

実際にどの様な症状が多いのか


 ー女性ー

疲れやすい93.4%、疲れが取れない87.7%、肩こり腰痛89.5%
肌が荒れる83.4%、手足などの冷え性78.1%


 ー男性ー

疲れやすい91.8%、体力が落ちた91.5%、なかなか疲れが取れない85.5%
何となく体調が優れない81.2%、目覚めが悪い66.1%、胃腸の調子が悪い57.6%


多くの症状はストレスと係わりがあると考えられますが
現代医学では表に出ている症状や目に見える症状そのものを治すことに意識が向けられ
ストレスとの関わりにはあまり意識されないようです

 

※ストレス以外の原因もあり得るので病院での検査も必要ですが
 

 


現代医学では脳から流れる神経情報が様々な身体のコントロールを行っていると考えます
中医学ではこの神経情報の流れを「気」の流れとして捉えています

「やる気が出ない」「なかなか行動に出せない」などの気力不足は
気の流れが不足していると考えられます


ストレス性の症状は周りの環境(適応障害)の他にも
食生活や過度のタバコ・お酒などの生活習慣が正気(自然治癒力)を低下させ
ストレスを生む原因となっています


中医学の視点から見ると
外部からの情報や刺激は「心」に集められ情報処理が行われます
そして、様々な感情や情動からストレスへと変化します

過度の飲酒やタバコや、食生活の乱れ、過度のSEXなど快楽の追求は
生理メカニズムや精神活動全般を司る「心」の機能を低下させ
血管系の疾患、精神疾患を招くことになります


ストレスから身を守る中心的な働きは「肝」であり
ストレスにより「肝」が疲れると「心」にまで影響が及び
循環器系の症状として動悸、息切れ、血の停滞による冷え性などの症状
不眠、不安感と言った心理的な不調や自律神経の失調として表れます

現代医学ではセロトニンは脳内のバランス調整を行う働きをしているとされています
「肝」の働きはセロトニン神経の作用に当てはめることが出来るといえます

怒りの感情は「肝」の機能低下につながり
「肝」の働きが低下してくると、ささいなことでもカッとなったるといった
心理面での変化が生じてきます


イライラする環境の中で生活を送っていると
タバコやお酒が増える、脂っこい食事や刺激の強い食事が増えるなど
食生活に変化が現れてきます
これらは「脾」の機能低下につながり、ストレス耐性が低下するマイナス要因となります

冷飲食の取りすぎは身体を冷やし、気・血の流れが停滞し痛みとなります
これらの症状は肩こりや自律神経の働きにも影響を及ぼすことがあるので注意が必要です

ストレス環境の中での肩こり、肩こりが原因でイライラ感が積もって
更にお酒やタバコ、脂っこい物や刺激物の飲食の不のスパイラルに陥っている場合は
食べ物を中心としたライフスタイルの改善を心がけてみてください

ストレスを感じている人の五感は健康な人より鈍っているケースが多く
そのため、より強いものを好むようになるとも言われています

食欲が無い、食事をした後に胃もたれ感がある
身体が何時もダルイ感じでスッキリせず体力が低下してきている
この様な体調の変化は「脾」の機能低下が考えられます



 ー 素問 挙痛論より ー

気が上がると「怒り」
気が緩むと「喜び」
気が消えると「悲しみ」
気が下がると「恐れ」
気が乱れると「驚き」
気が結ぶと「思い」

怒りの感情のときには「気」が頭に登り
恐れや不安を感じると「気」が下に向かう

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

< img src="http://west-cities.com/yohaku.gif" width="5" height="5" alt=" 風水 四柱推命 玄空飛星 仕事運 健康 金運 アップ 大阪 滋賀 京都、兵庫 奈良 三重 和歌山 鑑定">

 

 

| 風水鑑定士 : 仁詞 | - | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/26 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加数
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM